ブログ

令和4年1月からの雇用調整助成金の特例措置の予定

みなさまこんにちは。
神戸を中心に活動しております社会保険労務士の中村翔太です。
厚生労働省が令和4年1月からの雇用調整助成金の特例措置の現時点での予定を公表いたしました。
こちらの雇用調整助成金、新型コロナウイルスの影響から利用された企業様も多くおられるのではないでしょうか。
令和4年1月からは地域特例、業況特例に該当する企業を除き支給率は維持されたまま支給金額の上限額が段階的に減額となる予定です。

※厚生労働省「令和4年1月以降の雇用調整助成金の特例措置等について」引用
URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/r401cohotokurei_00001.html

また令和4年4月以降の取り扱いに関しては雇用情勢を見極めながら令和4年2月末までに公表予定とのこと。

関連記事

  1. マイナンバーカードの健康保険証利用が10/20から開始しました
  2. 10月より雇用保険料率が変更されます。
  3. 2022年10月以降の雇用保険料率
  4. 同一労働同一賃金について
  5. R4.10~産後パパ育休(出生時育児休業)
  6. 令和4年3月31日まで!人材確保等支援助成金
  7. 令和4年10月からの短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の…
  8. 令和4年1月1日に行われる労働保険、社会保険の法改正
PAGE TOP