ブログ

令和4年3月31日まで!人材確保等支援助成金

皆様こんにちは。
神戸、大阪を中心に活動しております社会保険労務士の中村翔太です。
今回は2022年3月31日をもって整備計画の受付休止予定の人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース)のご説明です。
この助成金は下記のいずれかを導入し、所定の離職率を低下させた場合に定額57万円を支給する助成金です。
・諸手当等制度
・研修制度
・健康づくり制度
・メンター制度
中でも事業主の方々に人気があるのは「健康づくり制度」です。

法定の入社時の健康診断、定期健康診断を従業員に受けさせることは会社の義務ですが、法定の健康診断と別でがん検診、歯周病検診、骨粗鬆症検診等を正社員に受けていただくことにより申請が可能となります。
なお、検診が終わっても一定の離職率まで離職率を下げなければ受給できません。 これを機に健康づくり制度導入で福利厚生を手厚くし従業員さんの満足度アップを目指し助成金も受給してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 10月より雇用保険料率が変更されます。
  2. 令和4年10月からの短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の…
  3. R4.10~産後パパ育休(出生時育児休業)
  4. マイナンバーカードの健康保険証利用が10/20から開始しました
  5. 同一労働同一賃金について
  6. 令和4年1月1日に行われる労働保険、社会保険の法改正
  7. 2022年10月以降の雇用保険料率
  8. 令和4年1月からの雇用調整助成金の特例措置の予定
PAGE TOP