ブログ

傷病手当金の様式が変更になりました。

こんにちは。社会保険労務士の中村翔太です。今日は傷病手当金の様式が変更されましたので事業主の記入欄がどのように変更されたか説明します。
まずは、被保険者氏名です。こちらは従来、漢字で記入しなければなりませんでしたが、フリガナに変更となりました。
2つ目は勤務状況についてです。こちらは、出勤は〇、有給休暇は△、公休は公、欠勤は/と記入していましたが、出勤日のみに〇をつけるのみになりました。これは記入時に若干ではあるかもしれませんが、効率化につながるのではと思います。
3つ目は申請期間中の出勤していない日の給与に対しての記入方法です。
・基本給や諸手当をすべて欠勤控除している場合
・時間給や歩合給、時間外手当などの実働分や一時金の支給
上記のような場合の記入は不要となりました。ただし、有給や固定給など給与支給ある場合は記入しなければなりませんのでご注意ください。
最後に有給や固定給の証明の書き方についても変更となっています。
参考資料 協会けんぽ 兵庫支部 事業所ご担当者様へ 新様式版 傷病手当金申請書の注意点について詳細は協会けんぽ兵庫支部のホームページに記載されておりますのでご覧ください。

関連記事

  1. 36協定締結の注意点、知っておくべきこと!
  2. 年次有給休暇の時季指定義務
  3. 固定残業代について③
  4. 割増賃金率について
  5. 有給休暇について
  6. 社労士の1号業務について
  7. 社労士の3号業務について
  8. 36協定について②
PAGE TOP