ブログ

雇用保険料率が変更になります。

こんにちは。社会保険労務士の中村翔太です。今日は令和5年度より雇用保険料率が変更になりますので説明します。
今年度も雇用保険料率が変更されましたが、来年度も引き上げられます。数字は以下の通りになります。

令和5年4月より労働者負担分事業主負担分合計
一般の事業6/1,0009.5/1,00015.5/1,000
農林水産・    清酒製造の事業7/1,00010.5/1,00017.5/1,000
建設の事業7/1,00011.5/1,00018.5/1,000

昨年度は、4月からは事業主負担分が引き上げられ、10月からは事業主負担が再度引き上げられだけでなく労働者負担分も引き上げられました。
変更後の雇用保険料率をいつから反映するのかについて悩んでいる人もいると思いますが、これは給与締め日を基準とします。つまり、4月以降に到来する締め日から変更後の保険料率となりますのでご注意ください。

関連記事

  1. マイナンバーカードの健康保険証利用が10/20から開始しました
  2. 割増賃金について②
  3. 令和4年1月1日に行われる労働保険、社会保険の法改正
  4. 10月より雇用保険料率が変更されます。
  5. 育児休業期間中の社会保険料免除について
  6. 出生時育児休業給付金
  7. 出産育児一時金引き上げについて
  8. 2022年10月以降の雇用保険料率
PAGE TOP